カウンセリング 相談 港区
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「資格を取ったり、勉強ができないと、いいキャリアは掴めない??」
「資格を取ったり、勉強ができないと

いいキャリアは掴めない??」


「吉野先生、自分は今後、どの様にキャリアを磨いたり、掴んでいけば良いのか悩んでいます。資格を取ったり、その為に学校へ行くなどの勉強をした方がいいのでしょうか?」

こんな相談をキャリアカウンセリングを受けられる方や、私の講義を聞きにいらっしゃる方からよく受けます。

皆さんはどう思われますか?

答えは「NO」です。

もうすこし噛み砕きますね。

「会計士、弁護士、医師をはじめ、資格がないとその職業に就く事が出来ない」
「今は学生で、今後のキャリアがまだ見えていない」

こういう方には資格取得をおすすめています。しかし、
「就活をしている学生である」「社会人になって、何年も経っている」
という方にはおすすめしていません。

むしろ、資格取得や学校へ行くことを反対しているほどです。なぜならば
「社会人に必要なのは実力・実績であり、資格という肩書だけでは意味がない」
この一言に尽きるからです。

また、資格の数や幅は
<この人、頑張って努力しているのは認めるけど、一体、何をしたいんだ?ただの資格マニア?それとも単純に考え方に一貫性がないのか?>
なんて思われて、下手をすると転職で不利になることがあります。

私自身、日商・全商・全経など、3協会全て簿記1級を持っています。
他にも、証券外務員は一種・二種、秘書検定準1級、居宅介護従事者2級をはじめ、20種類以上の資格を持っています。

しかし、それは「自分のキャリアを見据えた計画の中で、その資格を活かしたステップを踏む必要があったから取得しただけ」にすぎません。また
「受ける会社に合わせ、所持資格は書かないで応募」そして、内定を獲得してきました。

時として、資格は邪魔になることがあります。なので、
「勉強しているから偉い、資格を持っているから偉いという事は一切ない」
という事をはっきりお伝えしたいなと思います。

また、社会人であれば、自分の中でどうしても必要であったり、ゆとりがあれば学校へ通ったり資格を取ったりと勉強しても構わないと思います。

しかし、そうでないのに無理をすると、本当の意味で自分が求めていた学習効果を得られないどころか、逆に仕事も学びもプライベートまで中途半端になり、倒れたり、周りに迷惑を掛けて自分自身も逆に自信を失うことがあります。

「資格はあるけど、肩書きだけで入社しても仕事が出来ない人」
「資格は持っていないけど、仕事をしっかりこなして、実績を積み上げていく人」
あなたはどちらの方と一緒に仕事をしたいですか?任せたいですか?

そういうことなのです。そして、そこで大切なのは
「自分が活躍できる場所を見付けること」
「自分らしく働く事が出来る仕事に就くこと」なのです。

「自分は資格を持っていないからだめなんだ」
「勉強ができないと。努力ができないとだめなんだ」
そう思っている方がいたら、それは違いますから安心してくださいね。

大切なのは資格ではなく、勉強をがむしゃらに頑張ればOKというだけでもありません。
実力をつけましょう。実績を積みましょう。自分にもっと自信を持ちましょう。その為に
「自分の強みと弱みをしっかり見つけましょう」

皆さんのキャリアカウンセリングをしていると、「周囲の巻き込み力」「発信力」「プレゼンテーション力」などなど、自分では気づかないほどに沢山の個性溢れる強みを、1人1人が持っていらっしゃるなと感じています。

だから「自分は資格がないからだめだ」「勉強とか頑張れていないからだめだ」なんて思わなくていいのです。
皆さんには必ず、素敵な長所があって、それを伸ばせばいいだけなのですから。


この記事を読んで、少しでも気持ちが明るくなったら「拍手」「いいね」をいただけると、私も気持ちが明るくなります(^^)

「maulea」お問い合わせ、吉野へのコンタクトはこちら
スポンサーサイト
吉野麻衣子の「恋愛」「ビジネス」で幸せになる今日からはじめられる「モチベーションキープメソッド」大切なのは“継続的なポジティブエモーション”♪オトナ女性のための自己実現支援コーチ&タイムマネジメント術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。